ローンの審査で最も重要視されるのは年収

ローン,審査,年収

ローン会社に融資の申し込みを行う場合、必ず審査があります。
そして、その審査をパスしなければお金は借りられません。

 

申込み時に行われるローンの審査では、年収が最も重要であるということは以前から言われてきたことです。

 

最近では金融機関によるサービスも増えてきて、キャッシングやカードローンという商品が登場してきて様子が変わってきています。

年収は高くなくてもいい!?

年収は、今まで審査では重要なポイントになっていましたが、最近はさほど大事な情報として扱われてはいないといいます。
キャッシングや、カードローンでは、10万円くらいの少額融資が一般的になってきているために、
それほど年収が高くなくてもよくなっているためです。

 

そもそもの融資額が10万円くらいなら、年収が高くなくても返済不能リスクは高くなりません。
年収が150万円くらいの人でも、貸し付けができるわけです。

 

借入希望金額が10万円くらいに留まらず、50万円、100万円とはね上がれば、年収をきちんとチェックしなければなりません。

年収以外にチェックされること

年収だけでなく、勤続年数や勤務形態といった項目も、ローンの審査では同じくらい重要なものとされています。
現時点で高い収入があったとしても、将来も安定して同じ収入があるとは限りません。

 

年収が高い人でも、個人で事業を行っている人や、今の会社で働き始めて短い人は、住宅ローンの審査では落とされる可能性もあります。

 

これまで、キャッシングの利用履歴で問題を起こしていないかどうかも大事なことです。
一度は延滞したことがあると、二度目があるかもしれないと金融会社は考えますので警戒され、ローンの審査に通りづらくなります。


ローンの審査期間は目的により異なる

審査でOKが出なければ、ローンの借り入れを利用することはできませんが、審査で費やす時間は金融機関によってまちまちです。

 

金融会社の中には、申し込みからローンの融資までがあっという間に終わることが、強みになっていることもあります。

 

ノンバンクや、銀行など、各金融会社は、それぞれ独自のローン商品を提供しているものです。
どの金融機関を利用するとしても、絶対に審査はあります。

 

審査で断られると融資を受けることは不可能です。
審査に通らなければ融資は受けられないというのは、銀行も貸金業者も同じことです。

目的別ローンと多目的ローンとは

ローン商品は大きく2種類に分けられ、

  1. 目的別ローン
  2. 多目的ローン

と呼ばれています。

 

目的別ローンは、自家用車や、住居など、購入たいものがあらかじめ明確になっていて、そのためのローンを借りたいという時に利用します。
借りたお金を何に充当するかを、金融会社に申告する必要がないものが多目的ローンであり、使用の幅が広くなります。

 

それぞれのメリット・デメリット

目的型ローンのほうが、大口の融資になることが多く、まとまったお金を借りることが可能です。
多目的ローンのメリットは、どんな使い方もできることで、ちょっとしたお金を借りたい時に適しています。

 

気になる審査の期間については、多目的ローンよりも目的別ローンの方が時間がかかります。
目的別ローンでは融資額でも金利でも多目的よりも有利な融資が受けられるのですが、
その代わり、より入念に審査が行われるので期間が長くなってしまうのです。

ローンの審査時に確認される項目

初めてローンの申し込みをする時には審査があります。
審査の結果によっては融資が受けられないことがあります。

 

ローンの審査に落ちてしまった場合には、お金を借りることが出来ないのは言うまでもありません。
一人一人に対して、細かく審査をした上で、審査結果が出ます。

 

勤務年数

  • 一つの会社に長く勤めていること
  • 年収が高く安定していること

が、ローンの審査では有利に働くと見なされています。
金融機関は、ローンの審査を行うことで、お金を貸した顧客が、利息をつけてきちんと返済してくれるかを知ろうとしています。

 

返済能力が有るのかどうか、お金を滞りなく返すだけの経済力を維持する環境が有るかどうかを評価しています。
そのため、経営が安定している企業なのか、倒産のリスクはどの程度あるかも審査の対象になります。

 

健康保険加入の有無

収入や勤続年数のほかにも、意外なポイントとして挙げられるのが、健康保険加入の有無です。
そのため、ローンの審査では、

  • 大企業の健康保険組合に入っているかどうか

が、審査内容に含まれます。

 

国民健康保険は、月々決まって保険料を支払っていないと利用できません。
健康保険は、病気や怪我に対する医療費を、一部負担するものです。

 

その点、大手企業の健康保険に加入していると、給料から医療費が自動で差し引かれていますので、
ローンの返済が滞る理由にはまずなりません。

 

ローンの審査に落ちる理由としては他のローンの返済延滞などの問題も有りますが、
実はこの健康保険が非常に重要視されていると言われています。

ローン審査が通らない理由について

ローン,審査,年収

ローンには住宅や自動車のように資産を購入するためのもの、
教育資金やブライダルのように目的が決まっているものと、
カードローンのように、用途を限定しないで、あらかじめ決めた限度額の範囲で繰り返し利用できるものがあります。

 

一般論として、ローンの限度額や金利、期間などの融資条件は、
借り手の年収や担保などの信用力と、その対極にある貸し手の回収リスクで決まります。

 

借入できないのはクレジットヒストリーに問題があるかもしれません

審査では、借り手の信用力を評価するので、基準となるのは年収や担保財産ですが、
それに加えて、勤務先の勤続年数、過去に借入やカードの利用をした実績(クレジットヒストリー=クレヒスといいます)などを加味します。

 

年収が十分で、他の借入を考えても返済は可能なのに、審査が通らない理由として考えられるのは、
勤続年数が短い場合や、過去に滞納をするなど、クレジットヒストリーに問題がある可能性があります。

 

それらの問題がないのに審査を通らない場合は、他のクレジットカードで、利用していなくても枠が登録されていることがあるので、
利用していないカードは退会するのも効果的な対策です。


ローンの審査の期間の長さ

ローン,審査,年収

ローンの審査の期間については、それぞれの金融機関のシステムや顧客の経済的な信用能力などによって、
大きなバラつきがありますが、早いうちから信頼のおける相談先を見つけることが良いでしょう。

 

現在のところ、サポートの内容が充実している銀行のメリットデメリットについて、
様々な媒体で紹介されることがあるため、少しでも知りたいことがある場合には、便利な情報源を選ぶことがポイントとして挙げられます。

 

人気の高いローンのシステムの内容に関しては、
ネットユーザーの間で度々意見の交換が行われるようになっています。

 

幅広い年代の人々のアドバイスを聞き入れることが大事です。

 

大手の銀行のパンフレットやカタログなどに目を通すことで、
短期間のうちに役立つ知識を身に着けることが可能となります。

 

その他、信頼のおけるサービスの良しあしについて分からないことがある時には、
積極的に各業者の担当者とコンタクトを取ることがおすすめできます。

ローン審査の前にやっておこう!ブラック情報を調べる方法

ローン,審査,年収

ローン審査に申込みをする前に、ブラックリストに入ってしまっていないかを調べておくことはおすすめできます。

 

特に、住宅ローンのように、大切なローン審査の前には、念のために個人信用情報を調べておくと、安心できます。

 

ブラック情報を調べる方法は、簡単です。

 

本人が個人信用情報機関(CIC、JICCなど)に情報開示請求をするだけです。1000円程度の手数料がかかることがあります。

 

昔は郵送で手続きをしていましたが、現在はインターネットで手続きができるようです。

 

自分の個人信用情報を見て、「異動」の記録が書かれていないかをチェックしてみましょう。

 

「異動」の記録があったらブラックリストに載っているということになりますが、「延滞」の記録があるだけでも不利になります。

 

なるべく「延滞」の記録も全て消えた状態で、ローン審査に申込みをするのが理想です。

 

延滞の記録が1回や2回あるだけなら審査に通る可能性はありますが、ブラックリストに載っていると審査に通る可能性はかなり低いので、気をつけておきましょう。

[ローン会社で審査を落ちずに融資を受ける方法]関連情報